• ジョーカードライバー カジノの仕様・特徴
  • ジョーカードライバー カジノの口コミや使用感
  • ロングバレルが好きで、細かいカットが好きな人にはぴったり!

ジョーカードライバー カジノの仕様・特徴

2016y11m24d_180357236

ジョーカードライバー カジノは、NEXUSシリーズの13作目。
JOKERマイスター達の手によって施された、超精密加工と超精密研磨で生み出された極上の質感は、Scuderiaの証です。指に吸い付くような表面加工に虜になるでしょう。


また、加工を行っている工場は、人工衛星の部品を制作しているような高い技術を持った向上で加工し、バレルごとの個体差を抑え高いレベルでクオリティにこだわっています。

 

仕様は、タングステン95%、長さ43mmで重量は17g、最大径は7.0mmです。形状はトルピード、カットはマイクロカット、シャークカット、縦カットを使用。規格は2BAです。


重心のバリエーションとしてはフロント、ミッドフロント、センター、ミッドリア、リアの5バランスが揃っています。

長さは43mmと、ロングバレルが少ないJOKERDRIVERにしては長めとなっています。

形状はトルピードであるものの、後方のグリップ位置に非常に緩やかなテーパーがあるのみなので、ストレートに近いトルピードと言えるでしょう。

また、JOKERDRIVERのダーツなので5年間の破損保証がついています。
安心して長く愛用することが出来ます。

 

ジョーカードライバー カジノの口コミや使用感

2016y11m24d_180419019

ここで、ジョーカードライバー カジノを実際に使った人の口コミとしては、次のようなものが見られます。
やはりNEXUSシリーズということで、質感の良さを評価する声も目立ちます。
具体的な口コミは以下の通りです。



「使ってみた感じ、トルピードですがかなりストレートに近いトルピードだと感じました。
いつもストレートを使っているのですが、あまり違和感がありません。」



「長いダーツが好きなので嬉しい。43mmと長めなので、自分のように3本以上の指でグリップする方にはしっくりくるでしょう。
逆にそうでないと扱いにくいかもしれません。」



「このマイクロカットと、表面加工の技によるリリースのしやすさがすごい。
ただ、長めのダーツなので重心選びは慎重にしたほうが良いかも。」



このように、やはり形状はトルピードですがストレートに近い感触ということがわかります。
更に長めということで、普段の構え方などから合う人を選びそうですね。

また、ロングバレルはフライトの浮力やチップの影響を大きく感じ、安定した飛び方が特徴ですが、重心の位置によってかなり飛び方が変わるため、試投するのであれば、上記の口コミと合わせてこの点も注意してみてください。
 

ロングバレルが好きで、細かいカットが好きな人にはぴったり!

joker002

やはりジョーカードライバー カジノの魅力はロングバレルであること。
安定した飛びを期待できるロングバレルの愛用者は多いのではないでしょうか?


このジョーカードライバー カジノなら、JOKERDRIVERならではの質感を感じながら、ロングバレルの安定感を手にすることが出来ます。

なお、長さはやはり43mmと長いため、3,4本の指でグリップする人(3,4フィンガー)向けと考えられます。
2フィンガーは安定させるのが難しいため、でロングバレルを扱うのはかなり難しいでしょう。


更に、魅力の1つはJOKERDRIVERでよく採用している、マイクロリングカット、シャークカット、縦カット。このカットの特徴はやはりカットの細かさです。

荒いカットは持ちづらい、という人にオススメできます。
そして、縦カットを用いることでグリップポジションや指の位置の目安にもなり、より構えを安定させることができるでしょう。

また、重心の選び方も重要です。ロングバレルの強みは飛びが安定しやすいことなので、この点を更に強化できる後ろ目の重心がいいのではないでしょうか。

後ろ側の重心にもミッドリア、リアと2種類あるので、合う方を選んでみてくださいね。

>> ジョーカードライバー カジノの詳細はこちら