• 零 -ZERO- Si/Noの仕様・特徴
  • 零 -ZERO- Si/Noの口コミや使用感
  • スタンダードな長さのノーグルーブバレルが好き!という人におすすめ。

零 -ZERO- Si/Noの仕様・特徴

2016y11m30d_165108090
零 -ZERO- Si/Noは、零-ZERO-シリーズのバレルです。
零-ZERO-シリーズは、1本1本を手作業によって超精密加工と超精密研磨仕上げを施していることが特徴です。
これによって極限まで完成度を高め、道なる次元へ踏み出すことになります。

最高級素材と加工により、バレルが化石のように錆びたり、緑の錆ができるようなバレルの劣化が抑えられています。


仕様は、タングステン95%、長さ41.0mm、重さ16.5g、最大径7.2mm。刻みはノーグルーブで、形状はトルピードです。
規格は2BA。また、グリップ部分の長さは20.1mmです。


重心はミッドフロント、センター、ミッドリアの三種類から選べます。

零 -ZERO- Si/Noは、NEXUS ScuderiaシリーズのシックボーIIをベースにしています。
これをベースにしながら、カットを排除しノーグルーブのバレルとして登場。
カットの排除によりグルーピング性能が向上しています。

性能だけでなく、JOKERDRIVERの素材が映えるノーカットバレルの美しさも特徴です。
スタンダードな長さのバレルなので、扱いやすいことも特徴の一つと言えるでしょう。
 

零 -ZERO- Si/Noの口コミや使用感

ogumad013

ここで、零 -ZERO- Si/Noの口コミを見てみましょう。



「価格は高いがそれだけの価値はある。
一度試投したときに手にぴったり馴染みすぎて、お金を貯めてこれを買おう!と決心した。
JOKERDRIVERのノーグルーブは本当に投げやすい。」



やはりJOKERDRIVERの零シリーズは価格が気になりますね。
しかし、高価ながらも買ってよかった!という声が。
プロの方もこのメーカーのバレルを多く使用しているようです。

一度試してみて手に馴染んだら、ぜひ貯金も視野に入れて検討していただきたいと思います。

他のメーカーからもノーグルーブのバレルが出ていますが、他との違いはやはりその質感。
JOKERDRIVER独自の、指に吸い付くような質感がノーグルーブのバレルをより魅力あるものにしていると言えるでしょう。

また、JOKERDRIVERの零シリーズのノーグルーブバレルには零-ZERO- Po/Noがありますが、あちらはショートバレル。
この零 -ZERO- Si/Noはスタンダートバレルなので、ショートバレルは短すぎて手にあわないという人にはぜひ試してみて頂きたいと思います。

 

スタンダードな長さのノーグルーブバレルが好き!という人におすすめ。

joker002

口コミからもわかるように、この零 -ZERO- Si/Noのパフォーマンスの良さは折り紙付き。
金銭的に検討できるのであれば、ぜひ一度検討してみて欲しいです。

また、その中で特にオススメなのはスタンダードな長さ、ノーグルーブが好きという方です。
前の項でも挙げた通り、同じシリーズでノーグルーブのバレルには零-ZERO- Po/Noがあります。
あちらはショートバレルで、指先や第一関節のあたりでバレルをグリップする人や、手が小さめの女性におすすめです。

しかし、逆に手が大きい人や、指先ではなく第二関節あたりでダーツを持つような人には合いません。


そこで、この零 -ZERO- Si/Noは、スタンダードな長さであるため、そのような人も扱いやすいバレルとなっています。

更に、ショートバレルはグリップしやすいと思っているものの、軌道が直線的で合わない…という人にもオススメです。
このようなスタンダードバレルなら、大きくグリップしたときの感覚を変わることがありません。その上、少し長くなるため軌道が弧を描くような曲線を描きます。

マイクロリングカットさえも施さず、ノーグルーブというカットで自信を持って売り出すこの零 -ZERO- Si/No。

ぜひ1度試してみて下さい。

>> 零 -ZERO- Si/Noの詳細はこちら