• 零 -ZERO- St3/Noの仕様・特徴
  • 零 -ZERO- St3/Noの口コミはや使用感
  • 値段が許すならどんな人にも試してみてほしい!

零 -ZERO- St3/Noの仕様・特徴

2016y11m30d_170238074

零 -ZERO- St3/Noは、JOKERDRIVERの零-ZERO-シリーズのバレルです。
最高級の素材に、手作業によって最高級の技術を施すことで完成度を極限まで高めました。
タングステン95%であることや、これらの表面加工から、バレルの劣化が抑えられています。

表面の指に吸い付くような質感はJOKERDRIVER独自のものです。

 

仕様は、タングステン95%、長さ41.0mm、重さ17.5g、最大径7.1mm。刻みはノ
ーグルーブで、形状はトルピードです。規格は2BA。重心はセンターです。


このバレルは、コンセプトモデルシリーズS/Tの2015年盤です。過去のこのシリーズの中では、最も盤に抜けするデザインに仕上がっています。
形状は、トルピードとひし形を組み合わせたようなアウトライン、絶妙なRが特徴です。これにより、グリップ時の気持ちよさ、リリース時の手離れの良さを生み出しました。

また、大きな特徴の1つはノーカットバレルであることです。
JOKERDRIVER独自の表面加工を、その指先で存分に味わっていただくことが出来ます。
 

零 -ZERO- St3/Noの口コミはや使用感

2016y11m30d_170246465

ここで、実際に使った人の口コミを見てみましょう。



「見た目以上にグリップ位置がわかりやすかったです。
吸い付きが抜群にいいのでカットも必要ないとわかります。」


「形状がひし形で、傾斜緩めのため投げやすく力を伝えやすい。」


「今までカットがあるものをつかっていたが、指がダーツに触れて居る面積の接地率が高いためかコントロールがよくなったため、買ってしまいました。
最初はノーグルーブを買う予定ではなかったのですが、いい買い物をしたと思います。」


「ダーツ盤に刺さった時、バレルがサイドのライトに照らされて反射している様子がとてもかっこいい!」



このように、様々な点で高評価を得ています。
いくつか順に見ていきましょう。


まず、グリップ位置について。
スタンダードな長さのバレルですが、形状も相まって手に持った時にすぐグリップポジションがわかるみたいですね。

 

更に、この形状のおかげで押し出しやすく力を伝えやすいことが講評のようです。

更に、異質とも言える口コミですが、何よりこのバレルの魅力の1つは光に照らされた時のかっこよさとも言えるようです。
これもJOKERDRIVERが独自に施している表面加工のおかげですね。
機能性だけでなく美しささえも売りにしているだけのことはあります。

 

値段が許すならどんな人にも試してみてほしい!

joker002

やはり、JOKERDRIVERのバレルと聞くと値段が気になりますよね。
このメーカーの中でもピンからキリまでありますが、このバレルはピンの方で、同じメーカーの他のバレルとくらべても高価です。
しかし、仕様や口コミからもわかるように、かなり人を選ばないハイパフォーマンスなバレルになっています。
したがって、金銭的に余裕があるのであればぜひ1度試してみて頂きたいです。

ここからは、具体的なオススメポイントに入っていきます。


1つ目は、やはり形状について。

トルピードですが、比較的傾斜が緩めで若干ストレートにも近いような形状をしています。
しかし、口コミにもあるようにもった時に自然にグリップポジションが決まる計算された形状。
それだけでなく、しっかりと押し出すように投げることも出来、力を伝えやすいことが魅力です。


2つ目は、ノーグルーブのバレルであることです。

カットの細かさは人によって好みが別れるところですね。
カットが荒いほうが手によく掛かります。
逆に細ければ指先のコントロールがしやすい反面、少し滑りやすくなる。

そんな中で現れたのがこのノーグルーブ。
指先との接地面積が多くコントロールがしやすいのも魅力です。


最後に、スタンダードな長さであること。

普段ショートバレルやロングバレルを使っている方でも、違和感が少なく馴染むことができるでしょう。
 >> 零 -ZERO- St3/Noの詳細はこちら