• SELVA 大谷真茂モデルの仕様・特徴
  • SELVA 大谷真茂モデルの口コミや使用感
  • テイクバックで滑りがちな人、初心者にオススメ!

SELVA 大谷真茂モデルの仕様・特徴

SELVA 大谷真茂モデルは、COSMO DARTSから販売されているバレルです。
このバレルは大谷真茂選手がデザインしています。
COSMO DARTSは、コスモ精機が生み出したダーツブランドです。

コスモ精機は超精密プスチック金型のメーカーなので、金属加工の精度の高さが特徴です。
1/1000mm単位まで精度を求めた日本製の商品は、繊細さに惚れ惚れするほどです。


仕様は、タングステン90%,長さ35.5mm、最大径は7.2mm。重さ16.1g、形状はトルピード、刻みはシャークカット、リングカット、縦カットです。重心はセンター。

特徴は、強く刻まれた逆シャークカットです。これによって、手離れ感の良さを実現しています。
一見カットが荒すぎて滑りそうですが、鏡面加工の技術によって滑りをなくしています。
テイクバックした際に、どうしてもスタンダートなバレルだとバレルが滑ったり、遊びが出てしまいます。

しかし、このバレルならこれが皆無だと感じられます。指の掛かりというより、絶対に滑らない、というようなカットです。

また、COSMO DARTSによって生み出された表面の加工は、更に滑りにくいような質感を生み出しています。

SELVA 大谷真茂モデルの口コミや使用感

ここで、SELVA 大谷真茂モデルの口コミを見てみましょう。



「このバレルで「手離れ感」というのが分かってきたバレルです。
特徴的な逆シャークカットが絶品で、投げ込むたびに良いものだとわかります。
この逆シャークで、本当にテイクバックする際の遊びが0に等しい。
リリースよりもスムーズなテイクバックを求めていたので、SELVA 大谷真茂モデルはぴったりでした。」



「逆シャークカットはグリップしやすいし、本当に滑らない。
表面は指に粘りつくような感じで、リリースの時にはパッと消えるような気持ちの良いリリース感が味わえます。」



「良いバレルだと思うのですが、フライトの交換サイクルが早いです。
すぐにえぐれます。」



「カットがしっかりと指にかかってとても投げやすいです。
初心者にもおすすめできる使いやすいバレルだと思います。」



この口コミからわかるように、やはり特徴的な逆シャークカットについての言及が多く有りました。
しかも、滑りにくさの面から大好評を博していますね。

更に、後方に細かく刻まれたリングカットや、表面の加工も、更にクオリティを高めているようです。

もし試投をする際は、特徴的な逆シャークカットを味わいながら、滑りにくさとリリースを確かめるように投げてみてくださいね。
きっと違いがわかるはずです。

 

テイクバックで滑りがちな人、初心者にオススメ!

やはりこのSELVA 大谷真茂モデルの特徴は逆シャークカット。
これにより、テイクバック時の遊びをなくすことができます。

筆者もテイクバック時にどうしてもバレルがぶれたり、滑ったりして安定しないことが多いです。
これを防ごうとして力をいれて力みすぎてしまったり。


このようなことを無くすことができるこのSELVA 大谷真茂モデルは、そのような人にぜひオススメしたい一本です!

その上、このバレルはショートバレルなので、直線的な軌道を描きます。
これはテイクバックからリリースの状態が反映されやすいため、テイクバック→リリースの流れは特に重要。

コントロールがしやすいため、ショートバレルは難しいと思っている人にも試して頂きたいです。


また、口コミにもあるように、その表面も滑りにくさの秘密の1つ。
「滑りにくい」ではなく「粘りつく」とまで言わせたその表面加工は、一度試してみる価値があります。

更に、刻みは逆シャークカットと特徴的なものの、標準的なショートバレルで、Rもそこまで強くない。
更に重心はセンターとオーソドックスなトルピードバレルなので、とても扱いやすいと言えます。
したがって、初心者の方にもオススメできるバレルです。
 

>> SELVA 大谷真茂モデルの詳細はこちら