• Transfix KTMモデルの仕様・特徴
  • Transfix KTMモデルの口コミや使用感
  • 前重心のアウトラインが好きだが重心位置が合わない、という人にオススメ!

Transfix KTMモデルの仕様・特徴

Transfix KTMモデルは、King's JAPANによるTransfixエディション第二弾のバレルです。
世界初の側面から貫通しているバレルモデルです。
KTM.氏が使用しているモデルで、『Starbreaker』スターブレーカーの名を冠しています。


仕様は、タングステン94%,長さ40.0mm、最大径は7.525mm。重さ約17.5g、形状はトルピード。刻みはリングカット、ウィングカット、シャークカットです。
規格は2BA。重心はセンター。


特徴は、アウトラインからは想像の出来ないセンターバランス。
アウトラインは典型的な前重心モデルですが、Transfix化(前方に側面から貫通する穴を開ける)することによって、バレル全体ではセンターバランスになっています。
また、Transfixは今まで2BA規格のものがありませんでしたが、嬉しいことにこのバレルは2BA規格です。

バランスを取るためでなくまるで装飾のように思える、槍の先のような穴は見た目もかっこいいですね。

また、カットはウィングカット、シャークカット、リングカットの3つを併用することで、やわらくも強い、しっかりと指に掛かるカットに仕上がっています。
 

Transfix KTMモデルの口コミや使用感

ここで、Transfix KTMモデルの口コミを6つほど見てみましょう。


1つ目
「オリエンスIIとはまた違った感じですが、くさび形の穴あきが効果抜群です。
横に穴を4個開けながらも、バレルのバランスを保つのはすごいことだと思います。」

 

2つ目
「グリップ位置のカットはグリップ部分が握るとわかる程度に凹んでおり、グリップ位置が明確になるので非常に扱いやすいデザインだと思います。」

 

3つ目
「飛びのイメージは「ドスン」って感じでボードに向かいますね。
飛びが良いとか悪いとか考える必要はなさそうです。」

 

4つ目
「3フィンガーでグリップしていますが、2フィンガーでも安定して飛んでくれます。
KTM.氏のバレルは好みですが、また好みのものが増えました。」

 

5つ目
「先端部にカットがなく、最大径より細いところにグリップのカットがあるため、消耗が少ない形状だと感じました。」

 

6つ目
「表面処理がKing's JAPANの他のタングステン94%のバレルと違っていて、まるで素材が違うかのような印象になっています。
価格が高価ですが、おすすめしたいです。」



実際に試し投げをする際は、これらの口コミを参考にして、一つ一つポイントを確かめていく気持ちで投げてみてくださいね。きっと違いがわかるはずですよ。

 

前重心のアウトラインが好きだが重心位置が合わない、という人にオススメ!

やはり、Transfix KTMモデルの特徴はTransfixであること。
前方に開いた穴は、前重心バレルのような形状を保ちながら、重心をセンターにしています。


このおかげで、今まで前重心の形は好きでグリップはしやすいものの、重心が上手く取れない、合わない・・・という人にはぴったりのオススメのバレルです。

そして、口コミにもあるようにKing's JAPANの他のタングステン94%バレルとは一線を画している模様です。
KTM.氏のこだわりのひとつでしょうか?

今までKing's JAPANの質感に魅力を感じなかった人にも、ぜひ一度味わっていただきたいと思います。


その上、最大径より細いところにカットがあつまっているため、大きく削れやすそうなシャークカット、ウィングカットの消耗も抑えられているということです。

これは長く愛用できそうですね。
国内生産の品質の良いシャフトとティップがセットでついてくるのも嬉しいところです。

また、前述のように非常に細かく口コミで使用感がレビューされており、それだけ魅力のあるバレルだということが見て取れます。
やや値は張りますが、ぜひ一度このアウトラインと重心の違い、グリップの良さを味わってみてくださいね。