• 零 -ZERO- rcの仕様・特徴
  • 零-ZERO- rcの口コミや使用感
  • ロングバレル・ストレートバレルが好きな人にオススメ!

零 -ZERO- rcの仕様・特徴

零-ZERO- rcは、JOKERDRIVERの零-ZERO-シリーズのバレルです。
このバレルは、数々の革新的な技術を集め、既存のバレルの概念に縛られない表現を見せる零-ZERO-シリーズのプレイヤーモデルです。
最高級の素材と、JOKERマイスターの手作業による超精密加工、超精密研磨仕上げによってバレルの劣化が抑えられています。

バレルが化石のようなってしまう、錆びやすい、緑のサビができてしまうという人に最適です。


仕様は、タングステン95%,長さ46.0mm、最大径は6.6mm。重さ約18g、形状はセミストレート。刻みはダブルリングカット、マイクロカット、縦カットです。規格は2BA。重心はミッドフロント、センター、ミッドリアの3種類から選べます。


デザインは、アメリカを代表するレイ・カーパー選手。
JOKERDRIVERの技術とノウハウが、長年の世界戦で得られた経験値と融合した46mmのロングセミストレートバレルです。

バレル中央のマイクロカット、前方の縦カットはグリップポジションのミスを抑える役割を持ち、更に前方の緩やかなRもグリップポジションを決める際には良い目印となります。
 

零-ZERO- rcの口コミや使用感

ここで、零-ZERO- rcの口コミを見てみましょう。



「ダブルリングカットが少し変更されているようで、リリースする際の違和感が無いのが良いです。」


「グリップ時に前方の縦カットやR部分がいい感じです。
グルーピングがしやすいと感じました。」



このように、カットへの口コミが見られました。
定番のダブルリングの設計を変更したそうですが、好評の模様です。

また、零-ZERO-シリーズの極上の質感ももちろん健在です。
JOKERDRIVERの質感が好きだから購入する、というプレーヤーもいるほどです。

 

更に、ロングバレルかつセミストレートタイプなので、グリップポジションを定めるのは難しいですが、カットで少しでもこれが簡単になるように工夫されているのが良いところです。

実際に試投する際は、口コミや設計からわかるように、以下のことに注目して投げてみてくださいね!

  • グリップ部ダブルカットの手離れの良さ
  • 前方のR,縦カットによるグルーピング性能
  • JOKERDRIVERの零-ZERO-シリーズならではの指に吸い付くような質感

きっと、思わず「なるほど」と口にしまうくらい、他のバレルとの違いがわかると思いますよ。
 

ロングバレル・ストレートバレルが好きな人にオススメ!

零-ZERO- rcの特徴は、やはりカットによりロングバレル・ストレートバレルにおいて難しいグリップポジションのミスが抑えられる設計になっているところです。

ミスを抑えるための工夫を、前述のものと合わせてまとめてみましょう。

  • バレル後方のカット部分が14.7mmで、比較的短い
  • 中央のマイクロカット、前方の縦カット
  • 前方に緩やかに掛けられたR

このように、形状やカットの全てでロングバレル、ストレートバレルの難しいところであるグリップポジションの固定を簡単にしています。
これらのことから、ロングバレルやストレートバレルを使ってみたいけど、グリップポジションを一定にするのが難しい、難しそうと思っている人にオススメのバレルと言えます。


また、前方に掛けられたRの部分をメイングリップの位置にしても違和感なく投げることもでき、様々なグリップ方法に対応できるバレルと言えるでしょう。


自分でカットを目印にしながら、合うグリップ方法を探してみてください。


そして、JOKERDRIVERのバレルなので破損保証がついています。これによって、安心して長く使うことが出来ますね。
ロングバレル・ストレートバレルが難しいという人や、今使っている人にはぜひオススメしたいロングセミストレートバレルです。
 

>> 零 -ZERO- rcの詳細はこちら