ジョーカードライバーから出ている新作のBOUNTY(バウンティー)について紹介をしていきます。見た目では分かりにくいですが、リリーズのパワーロスがなくなるようにカットが強くかかっています。手離れの良さがあるのでこれまでとちょっと尖ったグリップとリリースの感じを味わうことあgできるでしょう。ジョーカーからBOUNTY(バウンティー)のようなバレルが出てきたことにちょっと嬉しく思います。


BOUNTY(バウンティー)が選ばれる理由


BOUNTY(バウンティー)は価格の点でも29700円と割安にできているのにジョーカーの魅力が溢れ、新しいグリップ感も味わえることがメリットです。後方に強烈なマイクロダブルカットを採用し、中央にはデルタカットを入れることで究極にリリースを実現してくれます。見た目のインパクトこそないかもしれませんが、これまでのバレルとは一味違ったスローを感じさせてくれるようです。
最近の限定商品ではライブカードがセットになっていることが多く、それも魅力となっています。一言で言うとライブカードは多いほうがいいでしょう。しかし、購入するときになぜか戸惑ってしまうことの方が多いんですね。そこでBOUNTY(バウンティー)では一緒にライブカードもつけてくれているのでしょう。その意味ではこの限定カードは使った方がいいのかもしれませんね。
最後に、BOUNTY(バウンティー)はその形状からあらゆるグリップに対応できる幅広さも持っています。まだ自分のグリップが決まりきっていない方やグリップを変えてみようかと悩んでいるときにこそ、使えそうです。こう考えてみると、徹底的に練習を進めたい、初心者から中級者向けのバレルと言えるでしょう。


こんな人におすすめ!


上記でも大体書かれていますが、BOUNTY(バウンティー)をお勧めする人はこんな人です。
・初心者からワンランク上がりたい人
・グリップなどが定まらず、試行錯誤をしたい人
・ついでにライブカードも欲しい人
このようなところでしょうか?かなり汎用性が高いことはメリットです。シンプルなのに¥実際に投げてみると明らかな違いって感じることができるかもしれません。思い切って切り替えてみるにはBOUNTY(バウンティー)はお勧めですよ。