ダーツプロ鈴木猛大のグリップ

グリップ研究をしていって、自分に合ったダーツプロのグリップ
真似ようとすることは、悪いことではありません。

ただし、見た目や形だけまねをするよりも、
深く分かった上でまねをしているほうが、
本当の意味で習得が出来るのです。

 

鈴木猛大プロのグリップの教え方
どこまで理解しているのか、確認が出来ます。

鈴木猛大のグリップはここで分析

教えている最中に、
しきりに自分の手でもグリップを作って見せてくれています。

 

このときのグリップというのが、鈴木猛大プロが考える
理想的な形なのでしょう。

試合になると、手元を見ていないことや、イレギュラーな投げ方を
する場合もあると思います。

 

そのために、教えているときのグリップが一番参考になるということです。

おしえてシリーズの中でもたびたび出てくるグリップだけに、
すべてをチェックして、完璧なグリップのマネを目指していきましょう。

 

 

分かってやっているグリップとマネだけのグリップ

2013y08m09d_172132948

ダーツに関しては、フォームやグリップなど、
見た目だけを真似してもダメだということが多いのです。

ダーツプロと同じ実力をつけたい場合は、何を狙っているのか、
クリケットならば戦略も入ってきます。

 

考え方、理論、気をつけていること、ほんの些細な視点の位置など、
本人が言わなければ分からない部分は増えてきます。

グリップについてはこれが一番詳しくなっています。

⇒ グリップからフォームについてまで詳細解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




× 7 = 七