• REDDOGの仕様・特徴
  • REDDOGの口コミや使用感
  • Rよりテーパーライン派!の人に断然オススメ。

REDDOGの仕様・特徴

2016y11m24d_181637745

REDDOGは、JOKERDRIVERのNEXUSシリーズの12作目です。
超精密加工や超精密研磨を職人が手作業で施し、極限まで完成度を高めました。

また、JOKERDRIVERは日本の最先端技術をふんだんに導入し続け、トッププレイヤーにも認められるバレルメーカーです。

海外生産の材料と比べて、密度や安定性が高いアライドマテリアル社のヘビィメタル(タングステン95%、ニッケル他の合金)を使用しています。
これにより、原料の製粉から成形までを全て国内で行っているため安心です。


JOKERDRIVERにしては珍しいショートバレルで、NEXUSシリーズのScuderiaの中では1,2を争う短さです。


仕様は、タングステン95%、重量は16.5g、最大径は7.3mmです。形状はトルピード、カットはマイクロカット、シャークカット、縦カットを使用。規格は2BAです。

長さは36.0mm,37.0mm,38.0mmの3タイプから選ぶことが出来ます。重心のバリエーションとしてはフロント、ミッドフロント、センター、ミッドリア、リアの5バランスが揃っています。


特徴はバレル後方のテーパーラインです。カットが不要なのではないかと思うほどのフィット感を生み出します。
似た形状のバレルとしては、FANTANが挙げられます。

 

REDDOGの口コミや使用感

2016y11m24d_181553029

ここで、実際にREDDOGを使った人の口コミを見てみましょう。



「JOKERDRIVERのショートバレルというのが魅力。
Rでなくテーパーを用いているのが好印象。


Rを用いているものが多い中、このテーパーラインによってリリース時の手離れの良さが抜群。
後方のカットがいらないのでは、と思うほどです。」



「テーパーを「JOKERDRIVERをいくつか試してみたが、REDDOGが一番手離れが良いと感じた。」


 

独自の質感によって手離れの良さには定評のあるJOKERDRIVERですが、その中でも更に手離れの良さが強調されています。

テーパーとは、バレルをグリップする際斜めになっている部分で、ここの斜めが大きくえぐれた曲線になっているものをRと呼びます。
Rが入っているものだと、グリップポジションは安定させやすいものの、親指のサイズなどが合わないとグリップバランスが悪くなってきます。


一方テーパーラインが入っていると、親指のサイズなどにも融通が効くため、人を選びません。ただ、グリップポジションを決めづらいという問題も有り一長一短です。


試すときは、自分はどちらのタイプなのか、よく考えながら試投をしてみてくだだいね。
 

 

Rよりテーパーライン派!の人に断然オススメ。

joker002

やはりREDDOGの魅力は口コミにもあったように、テーパーラインとショートバレルであることです。

持ち方の融通が効きやすい代わりに、Rが入っているものよりもグリップポジションが決めづらいREDDOGは、逆に言えばグリップポジションさえ正しく安定して決めることができれば、その日のコンディションを考慮しながら様々な構え方に対応することが出来ます。

このテーパーラインは絶妙で、後方のカットはいらないのではないかと考えるほどに絶妙なリリースを生み出します。


親指がRのあるダーツに合わない、もしくはストレートをいつも使っていて、トルピードに変えたいのだがRがあるものはいまいち指に合わない…

そんな人にはぜひおすすめしたいバレルです。

また、ショートバレルであることも魅力の1つです。
ショートバレルの特徴はシャープにまっすぐ飛んでいくことです。

 

また、重心(バランス)が前のものは直線的な軌道になるため、前側のバランスのものを選ぶとその点が強化できるでしょう。
逆に、シャープすぎて合わない場合は少し後ろ側のバランスのものを選びましょう。

このようにショートバレルながら少しずつ飛び方を変えられるのも魅力の1つですね。

 >> レッドドッグの詳細はこちら