「35000円」タグの記事一覧

Transfix KTMモデルの口コミと購入

363PV

その他 トルピードバレル

  • Transfix KTMモデルの仕様・特徴
  • Transfix KTMモデルの口コミや使用感
  • 前重心のアウトラインが好きだが重心位置が合わない、という人にオススメ!

Transfix KTMモデルの仕様・特徴

Transfix KTMモデルは、King's JAPANによるTransfixエディション第二弾のバレルです。
世界初の側面から貫通しているバレルモデルです。
KTM.氏が使用しているモデルで、『Starbreaker』スターブレーカーの名を冠しています。


仕様は、タングステン94%,長さ40.0mm、最大径は7.525mm。重さ約17.5g、形状はトルピード。刻みはリングカット、ウィングカット、シャークカットです。
規格は2BA。重心はセンター。


特徴は、アウトラインからは想像の出来ないセンターバランス。
アウトラインは典型的な前重心モデルですが、Transfix化(前方に側面から貫通する穴を開ける)することによって、バレル全体ではセンターバランスになっています。
また、Transfixは今まで2BA規格のものがありませんでしたが、嬉しいことにこのバレルは2BA規格です。

バランスを取るためでなくまるで装飾のように思える、槍の先のような穴は見た目もかっこいいですね。

また、カットはウィングカット、シャークカット、リングカットの3つを併用することで、やわらくも強い、しっかりと指に掛かるカットに仕上がっています。
 

Transfix KTMモデルの口コミや使用感

ここで、Transfix KTMモデルの口コミを6つほど見てみましょう。


1つ目
「オリエンスIIとはまた違った感じですが、くさび形の穴あきが効果抜群です。
横に穴を4個開けながらも、バレルのバランスを保つのはすごいことだと思います。」

 

2つ目
「グリップ位置のカットはグリップ部分が握るとわかる程度に凹んでおり、グリップ位置が明確になるので非常に扱いやすいデザインだと思います。」

 

3つ目
「飛びのイメージは「ドスン」って感じでボードに向かいますね。
飛びが良いとか悪いとか考える必要はなさそうです。」

 

4つ目
「3フィンガーでグリップしていますが、2フィンガーでも安定して飛んでくれます。
KTM.氏のバレルは好みですが、また好みのものが増えました。」

 

5つ目
「先端部にカットがなく、最大径より細いところにグリップのカットがあるため、消耗が少ない形状だと感じました。」

 

6つ目
「表面処理がKing's JAPANの他のタングステン94%のバレルと違っていて、まるで素材が違うかのような印象になっています。
価格が高価ですが、おすすめしたいです。」



実際に試し投げをする際は、これらの口コミを参考にして、一つ一つポイントを確かめていく気持ちで投げてみてくださいね。きっと違いがわかるはずですよ。

 

前重心のアウトラインが好きだが重心位置が合わない、という人にオススメ!

やはり、Transfix KTMモデルの特徴はTransfixであること。
前方に開いた穴は、前重心バレルのような形状を保ちながら、重心をセンターにしています。


このおかげで、今まで前重心の形は好きでグリップはしやすいものの、重心が上手く取れない、合わない・・・という人にはぴったりのオススメのバレルです。

そして、口コミにもあるようにKing's JAPANの他のタングステン94%バレルとは一線を画している模様です。
KTM.氏のこだわりのひとつでしょうか?

今までKing's JAPANの質感に魅力を感じなかった人にも、ぜひ一度味わっていただきたいと思います。


その上、最大径より細いところにカットがあつまっているため、大きく削れやすそうなシャークカット、ウィングカットの消耗も抑えられているということです。

これは長く愛用できそうですね。
国内生産の品質の良いシャフトとティップがセットでついてくるのも嬉しいところです。

また、前述のように非常に細かく口コミで使用感がレビューされており、それだけ魅力のあるバレルだということが見て取れます。
やや値は張りますが、ぜひ一度このアウトラインと重心の違い、グリップの良さを味わってみてくださいね。

Transfix 浴本昇吾モデルの口コミと購入

492PV

その他 ストレート・ロング

  • Transfix 浴本昇吾モデルの仕様・特徴
  • Transfix 浴本昇吾モデルの口コミや使用感
  • 前重心の形状が好きだけど、重心が合わないという人にオススメのスタンダートバレル!

Transfix 浴本昇吾モデルの仕様・特徴

Transfix 浴本昇吾モデルは、気鋭のダーツブランドであるKing's JAPANのバレルです。
ダーツの側面部分に、肉抜きのような側面を貫通させた加工が施されています。
デザインは川本昇吾選手。
King's JAPANの人気モデルである『オリエンス』のりチューンモデルで、グリップ部分の太さが変更されました。
これによって、更にスムーズな握りが可能になっています。


仕様は、タングステン94%,長さ40.5mm、最大径は7.025mm。重さ約17g、形状はセミストレート。刻みはダブルリングカット、ウィングカット。規格は2BA。重心はセンター。

前重心のアウトラインにもかかわらず、前方に開いた穴によってセンターバランスを実現しています。
セッティング次第で、更に自分好みに変更することが可能な、ユーティリティなバレルです。

特徴は、No.5規格を歳用したことによるフロント部分のシェイプ。
これによってグルーピング性能が向上しました。
また、カットは数種のマルチカットを絶妙に計算された傾斜にのせることにより、程よく掛かりながらもすっと綺麗に抜けるようになっています。

Transfix 浴本昇吾モデルの口コミや使用感

ここで、Transfix 浴本昇吾モデルの口コミを見てみましょう。



「オリエンスがとても投げやすかったのと、前方に穴を開けて重心を後ろにするという発想が気になったので、購入してみました。


オリエンスよりもカット幅が少し変わりました。
やはり指のフィット感はずば抜けて良いです!」



「カットは弱めですが、最大径がグリップ位置の前に来るのと、グリップ位置に重心が来ることで力が乗りやすい。めっちゃ気持よく投げれます。」



「前方の穴の効果は重量、重心以外は特に気になりませんでした。」



やはり、Tranfixの前方に穴を開けて重心を後ろにするというの発想は目を引くようですね。狙い通り重量を軽くして重心をずらすことに成功しているようです。
更に、穴を開けていても他の性能に悪い影響を与えていないのも素晴らしいところです。

また、重心位置を変更したことによりグリップポジションの上に重心が来るようになったというのも好評価の1つです。
前重心の形状は好きだけど、力が乗りづらいと思っていた人には朗報ではないでしょうか?

実際に試してみるときは、上記のように重心を変更したことによるスローの感覚、グリップ時の自然さについて確かめながら投げてみてくださいね。

前重心の形状が好きだけど、重心が合わないという人にオススメのスタンダートバレル!

Tranfixのプレーヤーがデザインしたモデルには、このTransfix 浴本昇吾モデルの他にも、Transfix 安食賢一モデル、Transfix KTMモデルなどがあります。前者はショートバレル、後者はスタンダートバレルですが個性的なカットが特徴でした。

一方、このTransfix 浴本昇吾モデルはスタンダードバレルです。また、カットもグリップ部はダブルリングカットとオーソドックスでシンプルなモデルとなっています。

 

口コミにもあるとおり、Transfix化(前方に穴を開け重心位置を調節する)したことで、重心位置がグリップポジションにぴたりと合い、心地良いスローができることも魅力ですね。

したがって、以下のような人にオススメです。

  • 前重心の形状が好きだけど、重心はセンターがいい
  • スタンダードバレルが好き
  • オーソドックスでシンプルなバレルが好みだ
  • Transfix KTMモデルを試してみたが、カットがいまいち合わない

当てはまるものが多ければ多いほどオススメのバレルと言えるでしょう。
また、こちらのカットが合わなければTransfix KTMモデルを試してみてくださいね。
やや値段は張りますが、全長や重心位置も似ています。

>> Transfix 浴本昇吾モデルの詳細はこちら

Transfix 安食賢一モデルの口コミと購入

266PV

その他 トルピードバレル

  • Transfix 安食賢一モデルの仕様・特徴
  • Transfix 安食賢一モデルの口コミや使用感
  • 強いカットが好き、かっこいいバレルがいい、というにオススメ!

Transfix 安食賢一モデルの仕様・特徴

Transfix 安食賢一モデルは、COREDARTS JAPANとKing’s JAPANがコラボレーションしたバレルです。また、世界初の側面から貫通している個性的なバレルです。


仕様は、タングステン94%,長さ37.0mm、最大径は7.3mm。重さ約16.5g、形状はトルピード。刻みはリングカット、ダブルリングカット、多面カットです。規格は2BA。重心はミッドフロントです。


アウトラインは、一世を風靡したJONNY4.5をベースにしています。
また、テーパー角は幾度と無く調整し、よりぴったり来る位置にレイアウトしたこだわりの設計です。

特徴は、やはりそのグリップ部分です。
安食プロこだわりの11角形多面カットを採用していま。
様々な角数を試した上で、一番安定感のあるグリップが可能だった11角形となりました。
また、後部に刻まれたダブルリングも安食プロのこだわりの一部です。


スローする際に最後の一押しがしやすい形状も特徴の1つです。

更に、King's JapanはTransfixモデルを得意としています。そのTransfixで前重心のモデルをミッドフロントに調整することで、マイルドな飛びを実現させました。

Transfix 安食賢一モデルの口コミや使用感

まず、Transfix 安食賢一モデルの口コミを見てみましょう。



「JONNY4.5と比べると、前方に穴が開いているためカットの範囲が狭まっています。
全長が1.0mm長くなっただけなので、多角形が合えばほぼ違和感なく移行できると思います。」


「後部のグリップ力も強く、いい感じに飛んでいきます!
抜けもいいし、シリーズの中で一番好きかもしれません。」



あまりJONNY4.5から大きな変更はなく、素直に移行できそうなのは前作のファンからしたら嬉しいところですね。
また、グリップに関しての高評価もありました。
強めに刻まれたリングカットと、その後方のダブルリングカットがうまくグリップの心地よさを上げてくれているようですね。


リリースの際の最後の押し出しの強さも相まって、心地よいリリースが実現できているようです。

ここで、Transfix 安食賢一モデルの使用感を見てみましょう。
気になるのは、世界初の側面貫通タイプということで、バレルに大きめに開いた穴です。
これによって重心がとりづらくなる、という心配もあります。

ここでメーカーの解説を見てみると重心を前からミッドフロントに調整したという発表があるので、やはり心配はなさそうです。
さすが一流メーカーですね。

 

強いカットが好き、かっこいいバレルがいい、というにオススメ!

このTransfix 安食賢一モデルの特徴はやはり横に開いた穴と、オーソドックスに強めに刻まれたカットです。

十字架のような形にあいた穴は、かっこいいバレルが好きという人にはたまらない、オススメのバレルと言えそうです。


個性的なバレルを持ちたい人にもおすすめですね。

そして、バレル中央部に刻まれたロゴにも注目です。
バレルの機能にも妥協せず、更にその機能性も損なうことなく、見た目の良さまで追求したクールなロゴも魅力の1つでしょう。

また、磨きぬかれた技術によって精密に刻まれたカットは、初心者から上級者まで、幅広い人にオススメできるでしょう。
Transfixの開発には、製造のプロだけでなく、実際にバレルを使うプロの選手も設計に深く関わっています。


投げのプロとものづくりのプロのコラボレーションを、存分に感じられるクオリティの高い逸品です。

更に、専用箱を採用し今までバレル単品で販売をしていましたが、今回からフライト・シャフト・ティップをセットになっています。
素材であるタングステン、製作、箱の全てが国内で生産された安心の品質です。

実際に試投してみるときは、シャフトやティップも注目してみてくださいね。
また、リリースの際の手離れもぜひ感じてみてください!
 

>> Transfix 安食賢一モデルの詳細はこちら

ページの先頭へ