「54000円」タグの記事一覧

コードメタル ナイト3の口コミと購入

222PV

コスモダーツ トルピードバレル

  • コードメタル ナイト3の仕様・特徴
  • コードメタル ナイト3の口コミや使用感
  • プッシュするように投げる人にオススメ!

コードメタル ナイト3の仕様・特徴

コードメタル ナイト3は、COSMO DARTSによるCODE METALシリーズのモデル。また本庄富士雄選手考案のシグニチャーモデルでもあります。

CODE METALは、COSMO DARTSの高度な技術と最高の素材、専属プレイヤー達の知識と経験を組み合わせることで誕生したコンペティションモデルです。

 


金型製造によって培われた磨きの技術により、バレル表面の質感に重点を置き、凹凸を極限まで磨き上げました。


これによって、溝に頼らない高度な摩擦抵抗を用いたスムーズなリリースを可能にしました。

タングステン90%の素材を専門の技術者の手に寄って、表面を鏡面化させてあります。
COSMO DARTSがこだわりぬいた、フラッグシップバレルと言えるでしょう。

また、このコードメタル ナイト3はナイトシリーズの3作目です。このシリーズは本庄富士雄選手がデザインしたシグネチャーモデルで、新作の度に進化を見せています。全てに妥協を一切許さないCODE METALシリーズが実現した完成度の高さが売りです。


仕様は、タングステン90%,長さ39.5mm、最大径は7.6mm。重さ19g、形状はトルピード、刻みはリングカットです。規格は2BA。

コードメタル ナイト3の口コミや使用感

ここで、コードメタル ナイト3の使用感を見てみましょう。

やはり特徴は、グリップ部に刻まれた幅の異なるリングカット。
更に後方には、大きく間隔の開いたリングカットです。

前方に行くほど荒くなるリングカットは、強すぎず弱すぎない指の掛かりで、驚くほど自然なグリップ感を実現しています。

これによって、リリース時の滑りを軽減できます。
また、グリップの再現の難易度も低いと言えるでしょう。
しかし、後方に行くほど弱いカットになり、形状も後ろに行くほど細くなっているため、テイクバック時にバレルが後方に滑ってしまうことも。


また、後方の間隔の開いたリングカットは、リリース時の押し出しを助けてくれます。

ここのカットが強すぎると、指にひっかかりスムーズなリリース・手離れができなくなってしまいます。
一方カットが強いことのメリットは、押し出すように投げる際はしっかりと最後まで押し出すことができるということです。
このカットは強すぎず弱すぎない、自然なリングカットです。
後方のカットは弱いほうがいい人の手にも、強いほうがいい人の手も自然に手に馴染むでしょう。

長さについては、スタンダートバレルにしては短い39.5mmなので、ショートバレルに比べるとやや直線的な軌道を描きます。

 

プッシュするように投げる人にオススメ!

前述のように、やはりコードメタル ナイト3の特徴はそのカットと形状です。
使用感でもあったように、前のほうがカットが荒く、バレルが太くなっているため押し出すように投げる人にはとても使いやすいバレルと言えるでしょう。

一方、大きくテイクバックして曲線的に投げる人には向きません。
なぜなら、前のほうがカットが荒く、太いということは、後ろのほうがカットが弱く、細いということです。

これによってテイクバックした際に後ろにずれてしまうということが考えられるからです。


また、長さの面から見るとスタンダートバレルにしては短め。したがって直線的な軌道が好きな人にオススメと言えますね。

更に、直線的な軌道と、プッシュするようなフォームはとても相性が良いです。

したがって、以下の3つを全て満たす人には特にオススメしたいバレルです!

  • プッシュするように投げる人
  • 直線的な軌道が好きな人
  • テイクバックが小さい人

1つでも当てはまったら十分オススメできますので、ぜひ試してみてくださいね!
また、試して合わなかったのであれば、やや仕様が違いますので、ぜひ同じモデルのコードメタル ナイト、コードメタル ナイト2も試してみてください。
 

>> コードメタル ナイト3の詳細はこちら

【PR】ノアンデ ラポマイン

コードメタル セルバの口コミと購入

205PV

コスモダーツ トルピードバレル

  • コードメタル セルバの仕様・特徴
  • コードメタル セルバの口コミや使用感
  • 指に強く掛かるカットが好きな人にオススメ!

コードメタル セルバの仕様・特徴

コードメタル セルバは、COSMO DARTSによるCODE METALシリーズのモデル。また、大谷真茂(MAMO)選手考案のシグニチャーモデルでもあります。

CODE METALは、COSMO DARTSの高度な技術と最高の素材、専属プレイヤー達の知識と経験を組み合わせることで誕生したコンペティションモデルです。
バレル表面の面の粗さに重点を置き、凹凸を極限まで磨き上げました。

これによって、溝に頼らない高度な摩擦抵抗を可能にしました。
また、タングステン95%の素材を専門の技術者が、金型製造によって培われた磨きの技術を用いて、表面を鏡面化させてあります。
COSMO DARTSがこだわりぬいた、フラッグシップバレルです。


仕様は、タングステン95%,長さ41.0mm、最大径は7.2mm。重さ16.7gで、形状はトルピードです。刻みはリングカット、縦カット。規格は2BA。

特徴は、バレル後方の幅が広い逆シャークカット、細かいやすり状の溝です。また、CODE METALモデルならではの表面加工により安定感がプラスされています。
バレル前方の縦溝は重量の調整用で、グルーピング性能の向上や、フライトと引っかかることを防止する狙いがあります。

 

コードメタル セルバの口コミや使用感

ここで、コードメタル セルバの口コミや使用感について見てみましょう。
以下のようなものがありました。EMS おすすめと比べてみると?



「グリップの安定感が段違いです。
大谷真茂選手がスロー時に必要な安定感を細部までこだわり抜いた、と豪語するだけあります。」


「中央に入った逆シャークカットが絶品です。
テイクバック時は滑らずにバレルの重さを指に伝え、スローに入ると後部の細かいカットがしっかりとバレルを押し出してくれます。


テイクバックとスローで感覚を変えることで、無駄を省いてあります。
グリップにこだわった洗練されたデザインだと思います。」



二つ目の熱いコメントが目立ちますね。大谷真茂選手のこだわりがあふれています。
このように、特徴のある逆シャークカットによってグリップしやすくなっているみたいですね。やはりこのカットの魅力はがかりの良さと言えるでしょう。

また、後方に刻まれたリングカットもプッシュの際に良い手離れを実現してくれているようです。

なので、実際に試投する際は、グリップ時の心地よさと手を離れる際の押し出しがスムーズかどうか確認しながら投げてみてくださいね。
「こういうことか!」と思わず感心してしまうでしょう。

 

指に強く掛かるカットが好きな人にオススメ!

通常のカットは前から後ろへ太くなるようななめらかなカットが多いですが、逆シャークカットは逆のラインを持つカット。
特徴的ですが、掛かりの良さと手離れの良さから愛用している方も多いですよね。


このコードメタル セルバは、大谷真茂選手が自分でも使えるようにこだわり抜いた逆シャークカットを持った設計のバレルです。
商品説明では、「このバレルがあなたのフォームを革新する」というような自信たっぷりのコメントが載せられているほどです。

個性的な逆シャークカットが好き、逆シャークカットを試してみたいという人にはぜひ一度試して頂きたいオススメのバレルです。


また、いつも指掛かりがよい間隔の開いた深いカットのバレルを使っているという人にもオススメです。

このバレルは指掛かりの良さはもちろん、グリップ時の心地よさや再現性まで保証済みというハイクオリティな一品です。
更に、41mmとスタンダードな長さで、重さも標準的なので、これらの面から考えると扱いやすく多くの人に受け入れられやすいバレルと言えるでしょう。

投げ方の点から考えると、大谷真茂選手が押し出すようにスローするため同じようにプッシュして投げる人は更にしっくりきやすいデザインと言えます。

結論として、指にしっかり掛かるバレルが好き!という人には多くの人にオススメしたいバレルです。
 

>> コードメタル セルバの詳細はこちら

SELVA 大谷真茂モデルの口コミと購入

205PV

コスモダーツ トルピードバレル

  • SELVA 大谷真茂モデルの仕様・特徴
  • SELVA 大谷真茂モデルの口コミや使用感
  • テイクバックで滑りがちな人、初心者にオススメ!

SELVA 大谷真茂モデルの仕様・特徴

SELVA 大谷真茂モデルは、COSMO DARTSから販売されているバレルです。
このバレルは大谷真茂選手がデザインしています。
COSMO DARTSは、コスモ精機が生み出したダーツブランドです。

コスモ精機は超精密プスチック金型のメーカーなので、金属加工の精度の高さが特徴です。
1/1000mm単位まで精度を求めた日本製の商品は、繊細さに惚れ惚れするほどです。


仕様は、タングステン90%,長さ35.5mm、最大径は7.2mm。重さ16.1g、形状はトルピード、刻みはシャークカット、リングカット、縦カットです。重心はセンター。

特徴は、強く刻まれた逆シャークカットです。これによって、手離れ感の良さを実現しています。
一見カットが荒すぎて滑りそうですが、鏡面加工の技術によって滑りをなくしています。
テイクバックした際に、どうしてもスタンダートなバレルだとバレルが滑ったり、遊びが出てしまいます。

しかし、このバレルならこれが皆無だと感じられます。指の掛かりというより、絶対に滑らない、というようなカットです。

また、COSMO DARTSによって生み出された表面の加工は、更に滑りにくいような質感を生み出しています。

SELVA 大谷真茂モデルの口コミや使用感

ここで、SELVA 大谷真茂モデルの口コミを見てみましょう。



「このバレルで「手離れ感」というのが分かってきたバレルです。
特徴的な逆シャークカットが絶品で、投げ込むたびに良いものだとわかります。
この逆シャークで、本当にテイクバックする際の遊びが0に等しい。
リリースよりもスムーズなテイクバックを求めていたので、SELVA 大谷真茂モデルはぴったりでした。」



「逆シャークカットはグリップしやすいし、本当に滑らない。
表面は指に粘りつくような感じで、リリースの時にはパッと消えるような気持ちの良いリリース感が味わえます。」



「良いバレルだと思うのですが、フライトの交換サイクルが早いです。
すぐにえぐれます。」



「カットがしっかりと指にかかってとても投げやすいです。
初心者にもおすすめできる使いやすいバレルだと思います。」



この口コミからわかるように、やはり特徴的な逆シャークカットについての言及が多く有りました。
しかも、滑りにくさの面から大好評を博していますね。

更に、後方に細かく刻まれたリングカットや、表面の加工も、更にクオリティを高めているようです。

もし試投をする際は、特徴的な逆シャークカットを味わいながら、滑りにくさとリリースを確かめるように投げてみてくださいね。
きっと違いがわかるはずです。

 

テイクバックで滑りがちな人、初心者にオススメ!

やはりこのSELVA 大谷真茂モデルの特徴は逆シャークカット。
これにより、テイクバック時の遊びをなくすことができます。

筆者もテイクバック時にどうしてもバレルがぶれたり、滑ったりして安定しないことが多いです。
これを防ごうとして力をいれて力みすぎてしまったり。


このようなことを無くすことができるこのSELVA 大谷真茂モデルは、そのような人にぜひオススメしたい一本です!

その上、このバレルはショートバレルなので、直線的な軌道を描きます。
これはテイクバックからリリースの状態が反映されやすいため、テイクバック→リリースの流れは特に重要。

コントロールがしやすいため、ショートバレルは難しいと思っている人にも試して頂きたいです。


また、口コミにもあるように、その表面も滑りにくさの秘密の1つ。
「滑りにくい」ではなく「粘りつく」とまで言わせたその表面加工は、一度試してみる価値があります。

更に、刻みは逆シャークカットと特徴的なものの、標準的なショートバレルで、Rもそこまで強くない。
更に重心はセンターとオーソドックスなトルピードバレルなので、とても扱いやすいと言えます。
したがって、初心者の方にもオススメできるバレルです。
 

>> SELVA 大谷真茂モデルの詳細はこちら

ページの先頭へ