• ELYSIAN 2nd editionの仕様・特徴
  • ELYSIAN 2nd editionの口コミや使用感
  • 新しい形状が気になる!という方にオススメ!

ELYSIAN 2nd editionの仕様・特徴

ELYSIAN 2nd editionは、TARGETの技術を結集した集大成とも言えるバレルです。
従来のバレルよりも革新的なモデルとなっています。
最先端の技術とこだわりで、驚くほど美しい完璧なバレルとなっています。
バレル1本1本が18g+0.02の交差となっているように、精密な作りが魅力です。


仕様は、タングステン95%,長さ42.5mm、最大径は7.3mm。重さ18gで、規格は2BA。

従来のストレート、トルピードという既成概念にとらわれず、TARGETの加工技術の粋を集めたコンセプトモデルシリーズ『ELYSIAN』に、2016年新作が加わりました。

凹でなく凸を生み出したグリップ部分は、指への接触部分を計算しながらデザインされたフロント部分の加工が特徴です。
また、表面にシリカとクロムのダブルコーティングを施して耐久性を上げると共に、未来のダーツバレルと呼ぶにふさわしいようなデザインも実現しています。

また、刻みはバレル前方はエレガントなVカットの反転を交互に施した独特のグリップ形状をしています。
また、バレル後方はマイクロカットをベースとしています。
また、クロムによるコーティングによってグリップ部分の軽量化に成功しています。
 

ELYSIAN 2nd editionの口コミや使用感

ここで、ELYSIAN 2nd editionの使用感を見てみましょう。

やはり気になるのがその形状と、シリカとクロムによる表面加工がどのような効果をもたらすか?ということです。


メーカー発表の特徴としては、後方にクロムのコーティングを施したことで、軽量化に成功したということです。
しかし、このバレルの重さについては人それぞれ好みが分かれるところです。

ずっしりとした重みがあればしっかりとグリップ&スローをすることに意識を向けなければならないため、安定します。
しかし、軌道を考えると落ちやすいということも。


一方軽いバレルは安定させにくいものの軌道はイメージ通りに落ちにくく伸びやすいということが考えられます。

したがって、基本的なグリップや方向感覚が身についている方であれば、スタンダートバレルの軽量化は嬉しいものとなるでしょう。

また、Vカットを反転させ交互にしたカットに見てみましょう。
ついて画像を実際に見てみると、表面の加工がかっこいいと共に、指にかかりやすいと考えられます。
しかし、とがっている部分が指にあたった際に、滑ってしまうということも考えられます。
これは試してみて確かめるしかありませんね。

新しい形状が気になる!という方にオススメ!

TARGETのELYSIANシリーズは、世界で200セット限定ということや、斬新な形状やカットを打ち出してくるのが特徴です。
入手の困難さはありますが、TARGETは実績も技術もある確かなブランドです。
斬新な形状といえど、そのクオリティは確かです。


今回も、フロント部分はVカットの反転を交互に刻みシリカでコーディング、バレル後方もドットが凸になってその上からクロムによるコーティングが行われています。

このように、類を見ない斬新な商品を自分で試したい!という人には是非入手していただきたいと思います。

また、長さはスタンダートなので、いつも使っているバレルと長さや重さの感覚は変わらずに使えるでしょう。
グリップした際に形状やカットが手に馴染めば、個性的な自分だけの相棒にできるオススメのバレルになるでしょう。
 

http://darts.ocnk.net/product/1683